採卵を何度やってもうまくいかない。卵子の質をあげるためにやりたいことまとめ

卵子の質を上げるためにできること

卵子の質をあげるために知っておきたいこと

顆粒膜細胞とは?卵子の質との関係は?数を増やすにはどうしたらいい?

投稿日:2016年11月20日 更新日:

img_2743

卵子の周りには、顆粒膜細胞という細胞が集まり、卵子を包んでいます。

実はこの顆粒細胞は卵子の質と大きく関係があると言われているんです。

今回は、この顆粒膜細胞について、詳しくみていきたいと思います。

顆粒膜細胞とは?

顆粒膜細胞とは、卵子を包んでいる細胞のことです。

採卵したとき、卵ちゃんの写真をもらうと思いますが、たまに

卵子の周りにもやもやっとしたものがついていることありませんか?

 

私も以前気になって、これは何ですか?と尋ねたことがあるのですが、

顆粒膜細胞ですと言われました↓

615

では、この顆粒膜細胞、一体どのような働きをしているのでしょうか?

 

顆粒膜細胞の働きとは?

顆粒膜細胞は、卵子の周りにくっついて、卵子に栄養を与えるという大事な働きをしています。

 

もしも、栄養の供給元である顆粒膜細胞が元気がなく、十分な栄養が卵子に行き届かなかったとしたら・・

卵子は栄養不足になってしまいますよね。

それゆえ、顆粒膜細胞は卵子の質に影響すると言われているのです。

 

顆粒膜細胞の量が少ないと、

・透明体の機能が悪くなり、多精子受精が起こる

・分割が停止してしまう

・空胞になる

などが起こるとも言われています。

 

採卵したばかりの卵子はまだ顆粒膜細胞に覆われています。

この時、十分な量の顆粒膜細胞で覆われている卵子をG1、

顆粒膜細胞に覆われている卵子をG2、

顆粒膜細胞がほとんどない状態の卵子をG3

と、グレードをつけている病院もあるようです。

 

グレードはなくても、「良」とかで何かしら記録されていると思うので、聞いてみてくださいね。

 

産まれ持ったものだから、後で卵子の質を良くするのは難しい

そう言われていますが、

この顆粒膜細胞はそうではありません。

顆粒細胞膜の数は変化するのです。

顆粒細胞膜の数は卵子の成長とともに増加する

顆粒細胞膜の数は、卵子の成長ともに増加します。

1139

原子卵胞から前胞状卵胞までは3ヶ月以上。

さらにそこから初期胞状卵胞まではおよそ25日間。

ここまでは、FSHには関係なく自然と発育するそうです。

 

また、卵子の大きさは、原子卵胞の状態では30μm、初期胞状卵胞では100μmにまで成長しています。

そこからまた徐々に成長し、卵子の大きさが2~5mm程になると、FSH(卵胞を刺激して育てるホルモン)に反応するようになり、

そこから約2週間程で一気に成長して排卵を迎えます。

卵は何ヶ月も前から、顆粒膜細胞に守られてじっくりじっくり大きくなっていくのですね。

 

と、ここで顆粒膜細胞の重要な働きについてもう一つ。

採卵する時は、卵胞がどれくらい成熟しているかを判断するために

E2の値を血液検査で測りますよね。

採卵前のE2の値は、1個あたり200~300が目安です。

 

実は、そのE2=エストロゲンを出しているのは、この顆粒細胞膜なんです。

つまり、エストロゲンの数値は、顆粒膜細胞の数に比例するということ。

 

卵胞が大きくなっているのにE2の数値が低いというのは、顆粒膜細胞の数が少なかったり、元気がなかったりして

十分にエストロゲンを放出できていないということなんですね。

顆粒膜細胞が、卵子にとっていかに大切な働きをしているかというのがわかると思います。

 

セントマザーのQ&Aにも、

「顆粒膜細胞が少ないということは、卵子の成熟度が低いということ。

顆粒膜細胞が豊富で透明性が高い場合には、卵子の質が高いと判断します。」

との記載がありましたよ。

顆粒膜細胞を増やすにはどうしたらいいの?

で、肝心の顆粒膜細胞を増やしたり、元気にしたりするにはどうしたらいいのよ?

ってことですが、卵子の成熟度を上げるという意味では

・排卵誘発の方法を変える

とか

・採卵の時期が合っていなかった

とかがあるみたいなので、先生に相談してみてください。

 

自分でできることとしては、「ウムリン」というサプリメント飲料がおすすめです。

 

私は卵子の質を上げる方法を検索しまくってようやく発見したのですがw

2014年にNHKで放送されて以来注目されているみたいですね。

 

梅の産地で有名な紀州で、

夏バテで弱っていた鶏に、特定の梅抽出物を与えたら質の良い卵をたくさん産むようになった。

これを人間にも応用できないか、と研究し始めたのがきっかけみたいです。

顆粒膜細胞を酸化ストレスから守って、良い状態にしてくれる働きがあるんだそうです。

 

ウムリンについては、飲んでみての感想などを書いてますので、

それ気になる!って方はこちらも見てみて下さい。

>>ウムリンの効果とは?成分や飲み方 飲んでみた感想をかくよ

公式サイトはこちら→梅で妊活【ウムリン】

卵の質を上げるために役立つ記事

IMG_4128 1
サンマットの効果とは?不妊や妊活に効く理由や値段 レンタルもできる

遠赤外線照射器である『サンビーマー』は、不妊治療を行っている色んな病院や鍼灸院で取り入れられています。 私が知っている範囲だと、 ・浅田レディースクリニック(愛知、勝川クリニック) ・はらメディカルク ...

IMG_1153 2
布ナプキンの効果 不妊なら試してみて!メリットや経皮毒のこと

前々から気になっていたけど、なかなかトライできていなかった布ナプキン。 不妊治療中、ホルモン剤での不正出血とか、膣坐薬とかでナプキンやおりものシートをほとんどずっとつけている状態の時があって。 しかも ...

555 3
ウムリンの効果とは?成分や飲み方 飲んでみた感想をかくよ

あなたは今、 ・卵子の質が悪い ・分割が途中でとまってしまう ・採卵しても空砲 こんなことでお悩みですよね。 これらの悩みを解決できるかもしれない、大きな「肝」となる「顆粒膜細胞」というのをご存知でし ...

-卵子の質をあげるために知っておきたいこと

Copyright© 卵子の質を上げるためにできること , 2019 AllRights Reserved.