採卵を何度やってもうまくいかない。卵子の質をあげるためにやりたいことまとめ

卵子の質を上げるためにできること

お役立ち情報

E2とは?基準値と体外受精におけるその意味について

投稿日:2016年12月14日 更新日:

img_0377

体外受精や顕微授精を行う時、血液検査を行います。

何やら見られないアルファベットと検査結果が並んでいて

始めてみた時は、これ何の数値なんだろう・・と思いますよね。

 

でもこれらの意味を理解しておかないと、先生との会話や、自分の状態を理解するのにとっても不便です。

そこで今回は、採卵前、特に大事なE2について書きたいと思います。

e2とは?

E2は、エストラジオールという女性ホルモンの値で、卵子の成熟度を判断する目安となる数値です。

排卵期の成熟卵胞では、1個につき250~300pg/mlくらいが基準とされています。

このくらいの数値になっていれば、そろそろ卵子が成熟してきたな

と判断するのです。

注射を使い、複数個、卵を育てている場合は、3000、4000と個数に合わせてE2の値も大きくなります。

 

E2は、排卵に向けて増えていきますが、

必ずしも卵胞の大きさと比例関係にあるわけではありません。

卵胞は十分に育っているのにE2が低いということもあり得ます。

 

この場合には、卵子が十分に成熟しきれていない=未熟卵である可能性が考えられます。

採卵日は、E2の値と、エコーでの卵胞の大きさを見て決定します。

 

また、採卵周期の初めにもE2の値は測定します。

この時は、E2の値がしっかりと下がっているかどうかを見ます。

D3でのE2の基準値は、

・20代で15~30pg/ml
・40代で40~60pg/ml

です。

 

D3でのE2が、基準値を超え100を越えてくると、前周期の卵胞が消えずに残ってしまっている可能性が出てきます。

E2が高い周期でそのまま採卵を行うと、正常範囲での採卵時に比べて、1/3の確率でしか成熟卵が採れなかったという報告もあります。

そのため、E2が高い周期では採卵は行わず、カウフマンなどで子宮を休めて遺残卵胞を消してから

また次の周期に挑むことが多いです。

 

【関連記事】カウフマン療法とは?ピルとの違いは何?

エストロゲンにはE2の他にE1やE3もある

周期前半に活躍するホルモンといえば「エストロゲン」という卵胞ホルモンですね。

代表的な女性ホルモンです。

 

E2もエストロゲンの一種ですが、E2=エストロゲンではなく

いくつか種類があるのを総称してエストロゲンと呼んでいます。

一般的に知られているのはE2の他に

・E1:エストロン
・E3:エストリオール

です。

E2を含むこれらを3大エストロゲンと言います。

これらのうち、E2(エストラジオール)が最も活性が強いため、

不妊治療の検査では、エストロゲンの基準値としてE2を測定しているのです。

顆粒膜細胞がe2を出している話

E2の値は、卵子が出しているものだ

と、思っていたのですが、実は卵子ではなく「顆粒膜細胞」が作り出しているものなんですね。

 

顆粒膜細胞とは、卵子の周りに存在する細胞で、卵子に栄養を与えるというとても重要な働きをしています。

それ故、卵子の質に大きく関係していると言っても過言ではありません。

顆粒膜細胞が少ないと、

・透明体の機能が悪くなり、多精子受精が起こる
・分割が停止してしまう
・空砲になる

ということが起こってきます。

 

実際、分割が停止してしまった私の受精卵は

顆粒膜細胞が少なかったと言われ、次の周期では顆粒膜細胞をもっと増やす、つまりE2の値をもっと上げてから採卵するように

アンタゴニスト法でのトライとなりました。
【関連記事】アンタゴニスト法とは?スケジュール私の場合はこうだったよ

 

それと同時に私が飲み始めたサプリメントがあります。

それが顆粒膜細胞に効果があると言われているウムリンというサプリメントです。

ウムリンの効果と飲んでみた感想などはこちら↓

>>ウムリンの効果とは?成分や飲み方 飲んでみた感想をかくよ<<

 

顆粒膜細胞についてもっと詳しく知りたいならこちら↓

>>顆粒膜細胞とは?卵子の質との関係は?数を増やすにはどうしたらいい?<<

 

まとめ

E2はエストラジオールという、顆粒膜細胞が出している数値を見ているもの。

卵子が成熟してきているかの目安となります。

この数値が少ないと、空砲の可能性が高くなります。

 

また、E2を出している顆粒膜細胞は、卵子に栄養を与えるという働きもしています。

そのため、卵子の質のキーマンとも言える重要な存在と言えます。

卵の質を上げるために役立つ記事

IMG_4128 1
サンマットの効果とは?不妊や妊活に効く理由や値段 レンタルもできる

遠赤外線照射器である『サンビーマー』は、不妊治療を行っている色んな病院や鍼灸院で取り入れられています。 私が知っている範囲だと、 ・浅田レディースクリニック(愛知、勝川クリニック) ・はらメディカルク ...

IMG_1153 2
布ナプキンの効果 不妊なら試してみて!メリットや経皮毒のこと

前々から気になっていたけど、なかなかトライできていなかった布ナプキン。 不妊治療中、ホルモン剤での不正出血とか、膣坐薬とかでナプキンやおりものシートをほとんどずっとつけている状態の時があって。 しかも ...

555 3
ウムリンの効果とは?成分や飲み方 飲んでみた感想をかくよ

あなたは今、 ・卵子の質が悪い ・分割が途中でとまってしまう ・採卵しても空砲 こんなことでお悩みですよね。 これらの悩みを解決できるかもしれない、大きな「肝」となる「顆粒膜細胞」というのをご存知でし ...

-お役立ち情報

Copyright© 卵子の質を上げるためにできること , 2018 AllRights Reserved.